冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン

冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン

ユネスコ無形文化遺産に登録されたことで記憶に新しい「男鹿のナマハゲ」。秋田県の沿岸部、日本海にぐっと突き出た「男鹿半島」を一帯とした地域(男鹿市)がナマハゲのふるさとです。三方を海に囲まれ、内陸部は山や森が広がる独特の地形から、独自の文化を育んできた男鹿半島は観光スポットとしての魅力がもりだくさん! 今回は、冬の男鹿でしか体験できない、ナマハゲ尽くしのさまざまなプライベートプランをご紹介します。

ナマハゲって一体何者?

冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン | ブランニューアキタ | アキタファン

地元の子どもたちは12月になるとクリスマスやサンタさんのことよりもナマハゲが家にやってくることのほうが心配で落ち着かないらしい…。

 「泣く子はいねがー!」という唸り声とともに包丁を振り回す鬼、これが一般的なナマハゲのイメージではないでしょうか。プランの紹介に入る前に、「ナマハゲ」について簡単におさらいしておきましょう。 
ナマハゲ行事とはもともと、男鹿半島一帯で毎年大みそかに行われる民俗行事のこと。大晦日の晩、「泣く子はいねがー、親の言うこど聞がね子はいねがー」と大声で叫びながら家々を巡る姿から、怖がられることが多い「ナマハゲ」ですが、男鹿の人々にとっては、無病息災・田畑の実りをもたらす来訪神であり、年の節目にやってくるありがたい存在なのです。
とはいえ、恐ろしい仮面と荒々しく唸り声を上げる姿が子どもたちに与えるインパクトは絶大! 聞かん坊もあっと言う間に“借りてきた猫”に。子どものころにナマハゲで怖い思いをしたという秋田県民(特に男鹿市民)も多いのではないでしょうか。

ナマハゲが、あなたの部屋にやってくる!?

冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン | ブランニューアキタ | アキタファン

生まれて初めて間近で見るなまはげの迫力に、思わず背筋がピンと伸びます。

その名を聞けば地元の子どもたちが震え上がるナマハゲが、なんと宿泊先のホテルにやってくるサービスがあるんです。その名も「戒め問答体験」。
こちらのプランでは、チェックイン時にアンケート用紙と対応マニュアルが渡され、お子様やご家族について、困っていること・ほめてあげたいこと・実は感謝していることなどを、事前にお答えいただき、その後、突然お部屋にやってきたナマハゲから、アンケートを基にした、お子様たちへの問答が始まります。
「普段、好き嫌いをして野菜を残しているそうだな?」
なぜか、自分のことを知っているナマハゲに、お子様はただただ茫然…
あなたのご家族のためだけにナマハゲがやってくる、まさに新感覚なプライベートプラン。それが「戒め問答体験」です。

ナマハゲの「戒め」で深まる家族の絆 

冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン | ブランニューアキタ | アキタファン

大事な我が子を連れていかれるまいと、両親も子どもたちをしっかりと守ります。

流暢な秋田弁で子どもたちと問答を繰り広げるナマハゲ。
ときにはいい子にしない子どもを、山へ連れて帰ろうとすることも。
両親が思わず子どもを引き寄せることで、子どもたちは普段から親に守られているのだということを理解します。親と子はもちろん、夫婦の間でもいつもは照れくさくて言えない感謝の気持ちを素直に伝えられるよう、ナマハゲがそっと背中を押してくれることもあるのだとか。
この体験を通して、家族の絆がぐっと深まること間違いなし!

この体験は12月~3月の冬季間のみ、1日5組限定で受け付けています。
冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン | ブランニューアキタ | アキタファン
冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン | ブランニューアキタ | アキタファン

問答を終えた子どもには、ナマハゲからサプライズのプレゼントが! 袋の中には男鹿市のさまざまなお土産がどっさり。

【戒め問答体験】
お問い合わせ先:男鹿温泉交流会館 五風
TEL:0185-33-3191
受付期間:2021/12/1~2022/3/31
体験時間:15:00~19:00(最終組18:30)
料金:1家族4,000円(税込)
体験のお客様全員にナマハゲプリント入り特製マスクスタンドまたはマスクケースを進呈しています。

あなたはどっち派? 冬に食べたい「ナマハゲの赤鍋・青鍋」

冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン | ブランニューアキタ | アキタファン

写真はセイコーグランドホテルで提供されているお鍋(各3,300円・税込)。

続いては新たなナマハゲグルメのご紹介です。
男鹿温泉郷では、冬に食べたい「ナマハゲの赤鍋・青鍋」を提供中! 秋田県産や男鹿産の特産物をふんだんに使い、なまはげの顔に見立ててお鍋に盛り付けた見た目にも楽しいアイデア鍋!
ひと口食べれば冬の寒さも吹き飛びます。
写真向かって左が秋田の伝統的な魚醤「しょっつる」を使った海鮮ベースの「青鍋」、右は秋田県産のブランド豚を使用したお肉と味噌ベースのピリ辛「赤鍋」。このメニューを提供している各宿泊施設が工夫を凝らし、見た目や具材が施設によって異なるのでぜひ事前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 ※詳しくは各宿泊施設へお問い合わせください。
冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン | ブランニューアキタ | アキタファン

ぐつぐつと煮立てたらみんなでおいしく召し上がれ! 

【ナマハゲの赤鍋・青鍋提供施設】
男鹿萬盛閣
TEL:0185-33-3161

TEL:0185-33-2131

男鹿観光ホテル
TEL:0185-33-2121

大迫力! 「なまはげ太鼓」で1日の締めくくりを

冬の男鹿で、ナマハゲをとことん堪能するプライベートプラン | ブランニューアキタ | アキタファン

臨場感あふれる演出の数々に思わず引き込まれます。

「なまはげ太鼓」とは、ナマハゲと和太鼓が融合した男鹿独自の新しい郷土芸能。冬季間(1月~3月)はお休みですが、男鹿温泉郷では「なまはげ太鼓」の常設公演を行なっており、誰でも気軽に鑑賞することができます。力強い見た目から放たれる魂を揺さぶる唯一無二のパフォーマンスは圧巻です! そのクオリティーの高さから、この公演を見るためだけでも男鹿に来る価値がある、と言われているほど。「なまはげ太鼓」の迫力は、写真や動画では伝わり切らないのが正直なところ。ぜひあなたのその目と耳で体感してください。

※1月~3月は常設公演を休止しています。
※公演日程の詳細は開催施設へお問い合わせください。

【秋田県男鹿温泉郷五風 なまはげ太鼓】

お問い合わせ先:男鹿温泉交流会館 五風
TEL:0185-33-3191
公演日等の詳細は公式ホームページをご確認ください。

今回ご紹介した体験は全て、男鹿温泉郷で楽しむことができます。
限られたエリアで気軽にさまざまな体験ができるので、感染症対策はもちろん、お子さんのいるご家庭や、ご高齢の方と一緒の旅行でも安心!
この冬はぜひ、男鹿でナマハゲ尽くしの旅を堪能してみては?