車なしで男鹿を堪能しよう!日帰りプラン

車なしで男鹿を堪能しよう!日帰りプラン

家族旅 女子旅 大人旅
予約制の男鹿半島あいのりタクシー「なまはげシャトル」を利用すれば、車が無くても男鹿半島を満喫できます!
  • START

    JR秋田駅

    7:41

    56分
  • 1

    JR男鹿駅

    8:37

    JR男鹿線の終着駅・男鹿駅へ!

    JR男鹿駅

    2018年7月、もとの駅から約100メートル離れた場所に新しく建てられた男鹿の陸の玄関口。駅舎内には観光案内所や、男鹿のシンボルである寒風山や日本海を一望できる屋上テラスがあります。

    詳細を見る
    25分
  • 2

    なまはげ館・男鹿真山伝承館

    9:15

    なまはげシャトルを利用して「なまはげ館」へ!車が無くても楽々♪

    なまはげ館・男鹿真山伝承館

    写真1~3枚目なまはげ館、写真4~7枚目男鹿真山伝承館 ユネスコ無形文化遺産に登録され、国重要無形民俗文化財に指定されている「男鹿のナマハゲ」。 なまはげ館では、お面や衣装の展示、大型スクリーンによる映画の上映などを行っています。150体以上のナマハゲが集う展示ホール「なまはげ勢揃いコーナー」は、迫力満点です。 隣接する男鹿真山伝承館では、元来、民俗行事として大晦日のみに地元の人以外なかなか見ることができなかったなまはげ習俗を広く観光客の方にも知ってもらうために、古い伝統としきたりを厳粛に受け継...

    詳細を見る
    1分
  • 3

    男鹿真山伝承館

    9:30

    9:30からナマハゲ習俗学習講座の公演がスタート!公演終了後は再度隣接する「なまはげ館」へ!

    男鹿真山伝承館

    なまはげ館の隣にある男鹿真山伝承館は、男鹿地方の典型的な曲家(まがりや)民家です。ここでは元来、民俗行事として大晦日のみに地元の人以外なかなか見ることができなかったなまはげ習俗を広く観光客の方にも知ってもらうために、古い伝統としきたりを厳粛に受け継いでいる真山地区のなまはげ習俗が体感できる学習講座を行っています。 国の重要無形民俗文化財、ユネスコ無形文化遺産。

    詳細を見る
    5分
  • 4

    真山神社

    10:20

    「なまはげ柴灯まつり」の舞台になる神社は、お守りや御朱印もなまはげ尽くし!10:50迄になまはげシャトルの乗り場へ移動しましょう!

    真山神社

    景行天皇の時代の創建と伝えられている古社で、境内の榧(かや)の木は県指定天然記念物。2月の第2金・土・日の「なまはげ柴灯祭り」の舞台としても知られています。

    詳細を見る
    40分
  • 5

    入道崎

    11:35

    なまはげシャトルに乗って、絶景&縁結びスポットへ移動!

    入道崎

    芝生に覆われた大地が海に突き出た、男鹿半島最北端の岬。絶景スポットとして知られ、行楽シーズンには駐車場に大型バスやマイカー、バイクがずらりと並びます。北緯40度ラインが通る場所でもあり、同一線上には男鹿石で作られたモニュメントも。 また入道崎の象徴でもある白黒の灯台は、日本ロマンチスト協会と日本財団の「恋する灯台」に認定されており、灯台の前には、入道崎各店舗ほかで販売している「ご縁の道しるべ」をくくりつける「えんむすび台」が置かれています。 1枚目は@daiya_filmsさんから。

    詳細を見る
    20分
  • 6

    男鹿水族館GAO

    14:00

    なまはげシャトルに乗って水族館へGO!

    男鹿水族館GAO

    日本海を望む絶好のロケーションに立つ水族館。 ホッキョクグマやペンギン・アザラシ・アシカなど、400種1万点の生きものを展示しています。また、40種2,000匹の生きものが泳ぐ高さ8mの「男鹿の海大水槽」は迫力満点。秋田県の県魚「ハタハタ」を通年展示しており、秋田ならではの生きものの生態をじっくり観察することができます。

    詳細を見る
    65分
  • GOAL

    JR男鹿駅

    17:00

    JR男鹿駅

    2018年7月、もとの駅から約100メートル離れた場所に新しく建てられた男鹿の陸の玄関口。駅舎内には観光案内所や、男鹿のシンボルである寒風山や日本海を一望できる屋上テラスがあります。

    詳細を見る