秋田県へ旅行をお考えいただいている皆さまへ

全国的に、新型コロナウイルスの感染が拡大しております。お住まいの地域で緊急事態宣言が発出された場合は、各都道府県知事の要請に従い、本県への不要不急の訪問はできる限りお控えいただきますよう、御協力をお願いします。

ご旅行の際には新しい旅のエチケットを参考に、お一人お一人が感染防止に心がけ、安全で安心なご旅行をお楽しみください。

2021.3.1 秋田県

歴史感じる蔵にクラクラ!
女子旅

歴史感じる蔵にクラクラ!

昔ながらの町並みが残る横手市増田をめぐる、レトロ女子旅
START

JR横手駅

9:50

45分
1

横手市増田まんが美術館

10:35

まんが美術館内にある漫画の蔵で、漫画の原画を鑑賞

横手市増田まんが美術館

日本初のマンガ専門の美術館。秋田県出身の漫画家や日本を代表する漫画家181名の原画の収蔵・展示・アーカイブを行っています。漫画家の直筆原稿が鑑賞できる常設展示だけでなく、特別企画展も定期的に開催。原画を保管する様子が見られるマンガの蔵展示室やマンガカフェ、マンガライブラリーを併設しています。

詳細を見る
15分
2

旬菜みそ茶屋くらを

12:00

歴史ある蔵でランチを楽しむ

旬菜みそ茶屋くらを

内蔵のある町として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている横手市増田で、地域で作り継がれる麹をふんだんに使ったお料理と、いつもの台所に麹がある暮らしを伝える、まちの食堂です。 大正7年創業の「羽場こうじ店」が手がけ、麹は創業時から湧いている井戸水を使って丁寧にお米を洗い、秋田杉の麹箱、手狩りした稲藁を天日に干して編んだ「菰(こも)」という蓋を使って、蔵の石室で育まれていきます。

詳細を見る
1分
3

増田観光物産センター「蔵の駅」

13:00

歴史ある街並みを散歩しつつお土産を購入

増田観光物産センター「蔵の駅」

増田観光物産センター「蔵の駅」は、金物の卸売業を営んでいた旧石平金物店(きゅういしへいかなものてん)が横手市に寄付された際、増田地域の伝統的な建造物を紹介・案内する施設として整備された施設です。明治中期建造の内蔵など、増田地域の古い商家の典型的な形態を有しており、見学することができます。また、地域の特産品を多数取りそろえているので買い物も楽しめます。

詳細を見る
3分
4

日の丸醸造株式会社(まんさくの花)

14:00

内蔵見学と日本酒の試飲

日の丸醸造株式会社(まんさくの花)

創業は元禄2年(1689年)。蔵の名前は、秋田藩主・佐竹公の紋所が「五本骨の扇に日の丸」だったことにちなんで付けられたと伝えられています。現在の代表銘柄は「まんさくの花」。蔵の町・増田にあり、内蔵を擁している酒蔵です。内蔵見学も可能です(見学料200円、お酒と甘酒の試飲付。※20歳未満のお客様は無料。蔵元直売所で使える割引券付き。予約は不要ですが、10名以上の団体については事前に申し込みが必要です)。また、蔵元直売所では蔵のお酒や甘酒を購入することができます。

詳細を見る
45分
GOAL

JR横手駅

15:50